iPhone Xは買いなのか?

 

 

さあ来週の11月3日(金)に解禁されるiPhone Xについてスペックとともに従来の端末とどのように違うかを書いていきたいと思います。

 

 

スペック表

 

iPhone X

メーカー

Apple

価格(税抜き)

11万2,800円

発売時期

2017年11月3日

CPU

A11 Bionic + ニューラルエンジン
M11モーションコプロセッサ

通称:A11チップ

メモリ(RAM)

(iPhoneのため不明)

ヘキサコア

内部ストレージ(ROM)   

64GB / 256 GB

OS

iOS 11

カメラ画素数(背面/前面)

 1200万画素 / 700万画素

バッテリー容量

(非公表)

ワイヤレス充電対応

画面解像度

2436×1125ドット

本体サイズ

70.9×143.6×7.7 mm

重量

174g

外部メモリ

(不可)

無線LAN

IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz)

指紋センサー/防水

×/○ (顔認証○)

SIM形状

nano

カラー

シルバー、スペースグレイ

 

iPhone Xの最大の特徴はなんといっても、顔認証(Face ID)とスクリーンの大きさです。

 

認証方式

従来のiPhoneは、指紋認証(Touch ID)でしたが、今回のiPhone XではiPhoneの中では初めて顔認証(Face ID)の認証方式を変えました。従来の指紋認証と比較して、指で触らなくてもiPhoneを自分に向けるだけなので、濡れているとできなかった認証が可能になります。

また、指紋認証のときは指の指紋をiPhoneに登録していましたが、顔認証になることで、ユーザー自身の顔を3Dスキャンした数学的モデルとして記憶させます。ゆえに、写真とかで認証することはできず、本人がいないと認証できないシステムになっています。

 

スクリーン

iPhone Xのスクリーンは、今までと違い前面全てをスクリーンにしています。

これは、SamsungのGalaxyを真似た感じになります。

Galaxyの全面スクリーンは画面保護フィルムははがれやすいといったものの、有機ELパネルを採用しているためすっきりとしていて、人気がありました。

また、Samsungが開発したゴリラガラスは液晶が割れにくいことを売りにしており、今回のiPhone Xはこのゴリラガラスを採用しております。

ゆえに、かなりスクリーンが大きく感じられるとおもいます。

 

まとめ

結論として、カメラは少し良くなっているが従来品と比べあまり差がなく、有機ELやワイヤレス充電、顔認証など目新しい技術を詰め込んだため、高価格のスマホとなっています。

なので、これらの新機能を試したい人には買いのスマホであるが、普通にいまの機能で十分である人には少し高いスマホのように思われます。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください