HUAWEI nova lite for Y!mobileは高スペックなのに安い!!

ワイモバイルから、ワイモバイル公式SIMフリースマートフォンとして「HUAWEI nova lite for Y!mobile」を販売しました。

「HUAWEI nova lite」は、SIMフリースマートフォンとして2016年の冬に販売されましたが、前者のワイモバイル公式SIMフリースマートフォンの後継として、「HUAWEI nova lite for Y!mobile」になります。

性能の良さと低価格であることから、SIMフリースマートフォンとして初のキャリア公式の端末になります。

キャリア公式の端末のメリットとしては、他のSIMフリースマートフォンではキャリアの保険の対象外でありましたが、キャリア公式の端末になることで、ショップにもっていけばキャリアの保険が適用可能になります。

ゆえに、代替機の貸し出しであったり、持ち込み修理が可能になるのは非常に大きいです。

 

 

以下に主なスペックを一覧にまとめました。

 

 

HUAWEI nova lite for Y!mobile 608HW

メーカー

HUAWEI

価格(税抜き)

実質0円(頭金500円)

発売時期

2017年11月

CPU

Kirin 655 2.1GHz+1.7GHz(オクタコア)

メモリ(RAM)

3GB

内部ストレージ(ROM)   

16GB

OS

Android 7.0 Nougat

カメラ画素数(背面/前面)

1200万画素/800万画素

バッテリー容量

3,000mAh

画面解像度

1,920×1,080(FHD)

本体サイズ

約W147.1×H73×D7.6mm

重量

146g

外部メモリ

microSDXC (最大128GB)

LTE対応バンド

B1/3/5/7/8/19/28/40

3G 対応バンド

B1/5/6/8/19

無線LAN

IEEE802.11 b/g/n

指紋センサー/防水

○/×

SIM形状

nano (デュアルSIMスロット )

DSDS対応

カラー

ホワイト、ブラック、ゴールド

上記のスペックで、一番注目するところは、RAMと電池容量です。

ワイモバイルでS~Lどのプランでも実質0円(頭金500円)で持てる端末なのに、RAMが3GBもあるのです!!!

ワイモバイルでRAMが3GBのものはAndroid one X1のみであり実質負担金は1400~2000円/月であり、またSIMフリースマートフォンでも一括27000円であることから、高スペックなのに安いのです。

また電池容量も3000mAあるため、ゲームとかをしすぎなければ1日持ちます。

ただし、カメラの画素数が1200万画素であったり、ROMが16GBしかないところに関しては、価格を抑えるために少し物足りない感じがします。

なので、結論として、低価格で快適にスマホのゲームや電池もちを気にする人にはもってこいの端末になります。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください